ユピテルDRY-FH22) は、低価格ながら、最高画質1080P (HD) でかつ、30フレームを実現しているドライブレコーダーです。



ユピテル(DRY-FH22)の写真

ユピテル(DRY-FH22) ドライブレコーダー1 ユピテル(DRY-FH22) ドライブレコーダー2
ユピテル(DRY-FH22) ドライブレコーダー3 ユピテル(DRY-FH22) ドライブレコーダー4
ユピテル(DRY-FH22) ドライブレコーダー5 ユピテル(DRY-FH22) ドライブレコーダー6
>> 詳細は、ユピテル (DRY-FH22) をご覧ください。

ユピテル(DRY-FH22) 別売りオプション

ユピテル(DRY-FH22) ドライブレコーダー7 ユピテル(DRY-FH22) ドライブレコーダー8

ユピテルDRY-FH22)には、付属品のシガ―ライター用の電源ケーブルがありますが、電源ケーブルをすっきり収めたいので、USB電源直結コード(OP-E487)を購入しました。

>> 詳細は、USB電源直結コード(OP-E487) をご覧ください。


合わせて、32GBのmicroSDHCカードも購入しました。(最高画質・最高フレームで6時間程記録できます。)

ユピテル(DRY-FH22) 昼・夜の映像



昼間:市街地、1080P(HD)、30フレームで撮影


夜間:田舎道(街灯なし)、1080P(HD)、30フレームで撮影

ユピテル(DRY-FH22) のここが Good

映像がなめらか

ユピテルDRY-FH22) は、フレーム数が30フレーム(1秒間に30枚の画像)なので、動きがとても滑らかです。機種によっては、最高画質:1080P(HD)の設定だと、30フレームで記録できない機種があるので、購入時は注意が必要です。

コンパクトで目立ちにくい

ユピテルDRY-FH22) は、モニター内臓なのに、とてもコンパクトなので目立たないのがうれしい。(モニター内臓だと、これが精一杯だと思います。)
事故後、すぐに映像を確認したいときにモニター内蔵は必須です。

8千円程で購入できる

8千円程度で、事故後の安心が買えるのであれば、とても安いと思います。ただ、おもちゃっぽいので耐久性が心配ですが・・。

ユピテル(DRY-FH22) のここが Bad

映像が若干ぼやけている

高速で動作しているので、映像が若干ぼやけるのは、仕方ないのかな。と思います。

サイドの録画ボタンが押しにくい

映像を上書きされないように保存する時に押す、サイドの録画ボタンが小さくて押しにくい。
>> 詳細は、ユピテルドライブレコーダー(DRYFH22) をご覧ください。